So-net無料ブログ作成
検索選択

初めてのお泊まり [ユキチのはなし]

ユキチが ばばちゃんの家で 1人お泊まりを決行しました。

ある夕。
夕飯を食べ始めたユキチが「僕さ〜、ばばちゃんに会いたいンダヨね〜。
ばばちゃんちにお泊まりしたいんだよ、今日!」と言いはじめ。
(注、ばばちゃんには昨日会っています!)

とても急な提案なので 多方面、不都合があるかと 一度は却下したのですが
「では、いつ行ったらいいかの相談を電話でするだけね」というところに妥協点を見つけ
夕食後 ばばちゃんに電話したところアッサリ…「今日いいわよ、いらっしゃいよ」

常々、ユキチに対し「yes!Ican」と返事する母にならねばと心に決めている私。
それならばと ユキチに荷造りさせて、歯磨きを済ませ ニシを負ぶい
我が家を飛び出しました。

ユキチが突然、お泊まりをしようと自分に課した(正に、課したのだと思います)のは
自我の目覚めでしょうか。
近ごろ、周囲で俄かにお泊まりの話題が発生して居りまして…
その時は何にも言わなかったけど 何か自分なりに思うところがあったのかなと思います。

お気に入りのピンク色のマンタの縫いぐるみと、
夏には欠かせないミッキーマウスの保冷剤枕。
ばばちゃんに読んでもらう絵本を一冊。
(ばばちゃんは忙しいだろうから、一冊にしておこう!だそうです)
パジャマを二着(汗をかいた時用の予備も含む)。
これらを自分でセレクトし、カバンに詰め込む後ろ姿を眺めていると
母は感動と寂しさで涙がこぼれそうでした。

とにかく ユキチは前向きに立派にやりおおせました。
ばばちゃんからのメールでは、結局、普段から一時間おし位のスケジュールで
スルッと就寝したようです。
ユキチ曰わく「1人で寝たよ!ばばちゃんが台所でじぃじのご飯を作っていたの」

まったく。 私の前ではまだまだまだまだ…甘えん坊ざかりの可愛いユキチですが
時折チラリと見せるこの少年っぽさ。
行きつ戻りつ、振り子のように揺れながら… ユキチ成長の夏。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokyo2016.or.jp/jp/report-blog/2008/12/post_7.html