So-net無料ブログ作成
お出掛け(関東地方) ブログトップ
前の10件 | -

てっぱくで切符切り [お出掛け(関東地方)]

160503_1330~01.jpg160503_1331~01.jpg160503_1321~01.jpg160503_1136~01.jpg
ゴールデンウイーク真っ只中。

ユキチにとって ひさびさになる てっぱく(さいたま市にある鉄道博物館)に行きました。
ゴールデンウイークなので、子どもを楽しませてくれるような企画が
いろいろあったのですが 朝ゆっくりと出掛けたため
予約が必要だったり 先着順だったりするものは体験できず。

昔の電車の発車風景の再現&切符切り体験だけは
行き当たりばったりであっても 経験させてもらうことができまして
いと嬉し。

しかし私やご主人は…切符切りハサミの「カン!カン!カン!カン!」という音に
胸を踊らせ「やりた〜い!切符、切ってもらおーよ!」と大騒ぎだったのですが
事の重大さがイマイチわかっていないユキチ。
「僕は待つのがキライなんだよなー!やらないでもいいんだけど」
などと言う態度。

でもここは何としてでも体験したい母は
ユキチの意見をねじ伏せ
無事、家族みんなで切符切りしてもらうことに成功しました。

今では実際に切符切りしてくれるところは、さいたまでは
秩父に行かないとないそうです。
切ってもらった切符はお土産に貰えたし。
貴重な体験でございました。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

はじめての雪遊び [お出掛け(関東地方)]

160207_1154~03.jpg160207_1220~03.jpg160207_1532~07.jpg160207_1318~010001.jpg
もーぅ 本当に痺れをきらすほど 大した雪の降らない埼玉県です!

今年は いい雪遊びウエアをばばちゃんがポーンと買ってくださったので
(ユキチ用)
先週末に 群馬県の水上スキーリゾートに 雪遊びに繰り出しました。

このスキー場には 小さい子だけが遊べるような
公園のような…遊び場が作られておりまして
そり滑り、チューブ滑り、ストライダー滑りなどの専用斜面
そして ピカチュウメリーゴーランドや ふわふわ滑り台があります。
その遊び場には スキーやスノボは侵入できないので
例えばニシを雪の上に転がしてやることもできるかんじ
安心して遊ばせられます。

怖がり屋のユキチは ご主人と一緒に 人生初のそり滑り。
面白かったようで 何度も何度も滑りましたが
一番気に入ったのは ストライダー型そり滑り。
大人の私からしたら そりよりよっぽど怖ろしげな乗り物ですが
日ごろ乗り慣れているマイ自転車に似ているからでしょうか?
あっさりと乗りこなし かなりのスピードで滑りを楽しんでいました。

ニシは…完全防寒にて 私が抱っこ。
雪の止み間をみて つかさずおんぶに切り替え おんぶそり滑り。
無表情にて 初ライド達成。その心中… 誰にも読めず。
泣きはしなかったので たぶん スピード狂かと。

また 近いうちに 遊びに行きたいなぁ〜。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

車酔い [お出掛け(関東地方)]

151103_1324~01.jpg151103_1349~02.jpg
東京駅近くから発車している二階建てバス。

スカイバス【東京タワーレインボーブリッジコース】
約一時間ほどのツアー。先日家族で乗ってきました。
これが凄かったよー。

屋根のないバスの二階部分に座り、皇居や東京タワー、レインボーブリッジ、銀座を巡ります。
途中でつかの間、首都高に乗るのですが…そこでクイックターン&観光バスらしからぬスピードアップが加わり
私の髪の毛巻き上がり、簡単なジェットコースターのよう。私は軽く車酔い状態。
抱きかかえるニシが飛んでいかぬよう
抱える腕にも力が入ります
…それまでグズっていたニシも黙り込み。

黙り込み…!?というよりも。 ん?むしろ喜んでいるのか?
ノロノロ走ったり止まったりする都会の一般道よりも
強風ビュンビュンの首都高や スリル満点のレインボーブリッジのほうが 楽しいのか、この子は。

機嫌のよい時に発するニシ独特のクーイング音を出しながら
私にギュッと抱かれていれば、キョロキョロと景色を見回して
静かに喜んでいるニシさん。 肝が座ってるね〜、アンタ。
ユキチもウィンドブレーカーのフードをしっかりと被り
全行程を大興奮のまま楽しんでおりました。

車に弱い母さんは(面白かったことは面白かったけど)尻にビッシリ汗をかいてしまいましたょ。
だんだんと 男子の趣味にはついて行けなくなるなぁと感じた休日でした。
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ちょこっとお出掛け [お出掛け(関東地方)]

150428_1150~01.jpg150428_1257~02.jpg150502_1259~01.jpg150502_1443~02.jpg
ゴールデンウイーク、妊婦の私に無理のない範囲で
ユキチと楽しみたい…と近場のお出掛けをちょこちょこしています。

ユキチの好きな アニメ番組【チャギントン】の催事 チャギントンランド。

ユキチの好きな 大きな遊具や、ミニ電車に乗れる【川口グリーンセンター】。

行楽日和で 気持ちのいい さいたまのゴールデンウイークです。
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

スワンボート [お出掛け(関東地方)]

150328_1030~01.jpg150328_1005~04.jpg150328_1035~01.jpg150328_1006~01.jpg
上野公園の不忍池。
スワンボートがあることを つい最近知りました。

ユキチは絵本でその存在を知ってから スワンボートに強く憧れています。
というわけで、週末、桜の花見も兼ねて
不忍池にスワンボートに乗りに行きました。

到着すると 濃いピンク色や 黄色やら…
スワンとはおよそ程遠い色合いのスワン達が出迎えてくれました!
(そして黒色は居ないという…)
予想どおり、ユキチは「ピンク色のに乗りたいなぁ〜!」と言いましたが
乗船順序は選べないので、回ってきた白鳥のスワンに乗りました。

ご主人と私で ユキチを挟むように横並びに座ります。
真ん中のユキチがハンドルを握る舵取りの役目
両脇の私たちは自転車のペダルのようなものを踏み、動力です。
もちろん、只今妊婦の私は まったく参戦せず
優雅に流れゆく景色を楽しませていただきましたが。
桜は咲いているし、お日様はポカポカと…水面を渡る風は爽やかで最高です。


ユキチは もぅ!思いがけずに ハンドルを握れたもんですから
制限時間いっぱい ハリキリまくり、舵取りし続けました。

スワンボート。
いいもんでした。
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

母抜きで横浜 [お出掛け(関東地方)]

1423634584270.jpg150212_0704~01.jpg
水曜日は ご主人実家の家業が定休日です。
祭日が重なった昨日の水曜は、じぃじがユキチを連れ
横浜まで、船を見に連れて行ってくれました。
(じぃじ、ばばちゃん、ご主人、ユキチ)
私は長時間のドライブは妊娠中の今、酷く酔ってしまうし
寒い海辺を歩き回ってオナカが冷えてしまってもしかたないので
留守番を希望。 ブルーとぬくぬくノンビリと自宅待機しました。

ユキチは 氷川丸を探検し、マリンタワーから海の景色を楽しみ
赤レンガ倉庫でパスタとアイスクリームを食べ
元町でショッピングし、中華街で肉まんを食べたようです。

夕方 帰宅し、私にお土産の肉まんと月餅、FUKUZOのスエットパーカーを渡して
楽しかった話を まくし立てるように報告してくれました。
「海がキラキラだったよー」
「自分のスエットはピンク色が欲しかった」
「お船(の汽笛)がボッボッーって鳴るから、こうやってお耳を塞いだらいいよって。
とーさんと練習したの」
「お土産、嬉しい?」
「とーさんが運転手でじぃじが助手席だったの」

ばばちゃん談では…マリンタワーから輝く水面を見たユキチは
「キラキラだね‥、ばばちゃんの宝石みたい!」と言ったそうです。

楽しかったようで 何より!
じぃじ ありがとうございました。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

水上バス ヒミコ [お出掛け(関東地方)]

140922_0912~01.jpg140922_1008~01.jpg140922_1010~01.jpg140922_1041~03.jpg
上野動物園を訪れる際、上野駅改札を出ると 可愛いバスを見かけることがあります。
台東区をぐるぐるまわる めぐりん という循環バスです。

ユキチがこれに気付き「乗りたい〜」というので…
我が家から電車→上野 めぐりんバス→浅草 水上バス→
お台場海浜公園 ゆりかもめモノレール→新橋 電車→我が家
というコースで、先日乗り物三昧してみました!

水上バスは昨年冬に 初体験して以来 怖い…けれど乗りたい乗り物ナンバーワンとして
ユキチの心に居座って居ります、今回は前回海浜公園〜日の出まで
ちょこっと乗ったのとは訳が違い 50分間の長い船の旅です。

怖い気持ちと乗りたいという憧れの気持ちを抱いたユキチ
いよいよ乗船!
船は、隅田川に渡る幾つもの橋をくぐり抜け、国技館や聖路加病院、築地市場を望み
東京湾へと進みます。

初めは これと決めた椅子に座り 岩のように動かず(体も表情も)
流れる景色をひたすら見詰めていたユキチですが
次第に元気を取り戻し、椅子を移動したり
海の歌を歌ったり、路線図を見ながら 今はどの橋を通過したか確認したり。
湾に出ると、ぼらが跳ねるのを目撃したり、巨大なレインボーブリッジを見上げたりし
楽しんでいる間にお台場に到着してしまいました。


ユキチは電車が好きですが どうやら電車オタクな男子…とまではいかない電車好きです。
(電車では特に、山手線が好きなようです)
そのほかの乗り物…工場現場系車、モノレール、飛行機、船、
それから自家用車の運転席も「カッコイいなー!ユキチも運転したいなー」。

イロイロな乗り物をまんべんなく好きなので
母も広く浅く…今まで知らなかった乗り物を知ったり
乗ったりできて ちょうどよい感じに楽しいです。

お次は 何に乗りましょうか。
長瀞のSLは いかが。
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

EPSON水族館 [お出掛け(関東地方)]

140503_1019~02.jpg140503_1127~01.jpg
休日の朝 突然思いたって 品川駅近くにある
EPSON水族館に 行ってみました。

ユキチに気軽に、イルカを見せたいなぁと。

イルカショーは約30分間で 初めは購入したポップコーンに夢中だったユキチは
徐々に イルカ達迫力の芸に目を奪われ
最後には大喜びで 拍手を贈るまでに
関心をもったようです。
ショーが終わった後も 席に残り、まだ泳ぐイルカを見たり
飼育係のお兄さんに撫でられるイルカをほど近くで観察させていただいたり
質問したり(←母が!)帰るころには イルカにすっかり魅了されていました。


本能的に動物が好きな私は 動物園や水族館、散歩中に出逢う動物たちに
ひたすらひたすら近寄りたくて…ひたすら見詰めていたい。
ですから水族館などを訪れると 動物たちだけをひたすら見る という過ごし方をします。

一方、我がご主人は さほど動物好き というわけではなく。
そのような場を訪れると ナンでしょう…水槽の厚みとか 水の容積とか?
照明とか 規模の大きさ、集客についてとか
そういうことを考えているみたいです。

ユキチが 将来、水族館などの施設を訪れ
どんなことを感じる大人になるのかはまだわかりませんが、
1つの事柄に対して 多角的な捉え方をすることができるように
なってくれたらなぁと 親としては願います。

特に、私の大好きな動物に関しては その愛らしさ ステキさだけではなく
どうして水族館に来ることになったのか?
その動物たちのクオリティオブライブは守られているのか?
私たち人間が犯してしまっている罪を知りつつ、
その生を、有り難く精いっぱい受け止めてほしいです。


今回、私とユキチは 一匹のイルカ【ネイル】ちゃんを
近くでじっくりと観察させていただきました。
上野動物園の白クマ【デア】ちゃんに続き、私たちお気に入りの動物となりました。
個体の名前を覚えて、長い年月をかけて
その個体と関わっていきたいと思います。
(ユキチはデア>ネイル>ブルーの順番で好きだそうです…)
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

「かエる!」のディズニーランド [お出掛け(関東地方)]

131018_0959~02.jpg131018_1307~02.jpg131018_1437~010001.jpg131018_1052~02.jpg
私の40歳のお祝いに…なんと!
風邪をひいたって休むことのない会社をご主人に休ませて、
家族三人 東京ディズニーランドに訪れました。
(ブルーはおばあちゃんの布団の中で留守番です)

ディズニーランドでのユキチが どんな反応をするのか?と想像したら
出発三日前から、嬉しくて嬉しくて 寝不足になる始末です。
こんなに楽しみなディズニーランド行きは、
小学生のころ…二度目に行った時以来でしょう。(一度目が楽しかったので)


一週間前に co-opで買ってやった ハロウィン仕様ミッキーマウスの貯金箱を
握りしめたユキチを車に乗せ、いざっ!

まずは、ユキチが大きなキャラクター達を目の当たりにし
怖がらないか?心配だったのですが
入り口付近にいた ミニーマウスを凝視し…凝視し…指差しっ!
「ミッ!ミッ!(多分ミッキーマウスと間違えている。ミッキーだねと言っている)」と喜んで しばし鑑賞。
そのほか、ティガーやフック船長、ハロウィンのお化け、チップ&デールなどにも会いましたが
すべて 喜び、走って追いかけたりと 嬉しい反応を見せてくれました。

調子をよくした私は、ユキチの好きな動物がたくさん出てくる
ジャングルクルーズにトライ。喜んでもらえること 間違いなし!と思ったのですが。
アトラクション終盤、真っ暗闇のトンネルを抜けるところで
思いがけず! ユキチ、号泣! そしてひっく ひっくといつまでも泣き続け
ボートを降りるまで 目にいっぱいの涙を溜めた状態になってしまいました。

その後、これまた大好きな汽車のアトラクションに乗ってみたのですが
さっきのトラウマからか? 乗車したすぐから
「かエる!かエる!」コール絶叫。 終盤の暗闇にて またもや涙…。

もぅこりゃあ今日は なーんにも乗らずに
歩いたり、遊んだりしましょうと
ゆったりとランチをし、鴨や雀と戯れ 写真を撮ったりし
ユキチに笑顔も戻ったのですが。

「それじゃあ、トムソーヤ島にでも渡って、散策して遊ぼうか」と思ったのが運の尽き。
渡る筏津のエンジン音(イカダなのに爆音のエンジン音なのです)に
ユキチ、ビビり「かエる!かエる!(泣)」
島に渡ってもご機嫌が治らず、すぐのイカダでとって返す羽目になりました。


なんだか散々なディズニーランドデビューのような話の流れになってしまいましたが
アトラクションがダメだった以外は、楽しいことの多い半日だったのですが
まさか我がご機嫌王子ユキチが暗闇や爆音にびびって泣くとは…
そしてディズニーランドって アトラクションの転換部やそもそも入り口付近に暗い場所があったり、
いろんな音がとても大きいってことに 子連れで行ってみて
今回初めて、気付いたのでした。

もうすこしユキチが大きくなったら、
大きな音も暗闇も 「怖いけど…ワクワクする♪」と思えるようになったら
また行ってみようと思います。
そのときは 「帰りたくない!」って言うかなー。
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

大きいてっちゃん [お出掛け(関東地方)]

131012_1025~01.jpg131012_1031~02.jpg131012_1100~02.jpg131012_1056~01.jpg
先週末、葛西にある【地下鉄博物館】に行きました。

我が家最寄り駅からは JRに乗り、地下鉄に乗りし一時間ほどかかりますが
最近では電車に乗ると、座席に1人で座り機嫌よく
おとなしく居られるようになってきたので
週末でご主人も一緒であれば このくらいの遠出はできるようになってきました。

私もご主人も こちらの博物館を訪れるのは 初めてでした。
母目線で 博物館を見ると、小さい子には最適な博物館でした。
ジオラマは2つあるし(ひとつは操作できる)
地下鉄操縦体験席も 三種類あり、この日はすいていたので
並ぶことなく、次々 全ての操縦桿を握ることができました。
ユキチ、前のめりで体験し 満足のため息連発。
そして 持って行ったオニギリを食べられる食堂もあるし、なにより入場料金が安い。
大満足な地下鉄博物館でした。

さて。
二時間ほど 滞在した博物館でしたが、母が
動き回るユキチにびったり張り付いて右往左往している間に
ご主人、三回ほど行方不明になりました。
ご自分のご興味の赴くまま、地下鉄の掘り方の説明文やら
地下鉄の歴史なんかを見ていたためだと思われます。
家族みんなのオニギリや水筒、ユキチの着替え等の入った
重たい荷物を肩にかけ ユキチの安全確保のため中腰で走り回る
40歳の妻への配慮は まったく ないのでありました。


こんなことなら 次行くときは、大きいてっちゃんは置いて
平日に母と小さいてっちゃんとで出掛けようと思いました。
nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | - お出掛け(関東地方) ブログトップ
http://www.tokyo2016.or.jp/jp/report-blog/2008/12/post_7.html