So-net無料ブログ作成

ムツゴロウさん [本読みのはなし]

110522_1549~0002.jpg110522_1549~0001.jpg110522_0829~0002.jpg
畑正憲さんの本を 病院の待ち時間に読みました。

小学生の卒業文集の将来の夢に
「ムツゴロウ王国で働きたい」と書いた私。
当時 テレビ番組では『ムツゴロウと愉快な仲間たち』が華やかなりし頃。
テレビで見るムツゴロウさんの不思議な魅力にすっかり夢中になっていた
小学生の私でした。

今回、ムツゴロウさんの近年の著書を読み
忘れていた私の中のムツゴロウ熱が一気にヒートアップ。
本の内容は犬の行動や成り立ちに関して
「ナルホド、ナルホド」と合点することが多く とても楽しい読書となりました。

東京にあった動物王国には ついに一度も訪れることは
できませんでしたが、
ムツゴロウさんにはもっと沢山 メディアに出たり 本を書いたりしてもらいたいです。


一冊読み終え 帰路につくと、近くのデパートで
盲導犬のデモンストレーションをしていました。
頑張る犬達を見学し、心ばかりですがピンバッチを購入して応援。


1人寂しく留守番するブルーの待つ我が家に急ぎました。
ご主人は今日から出張です。
nice!(13)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 13

コメント 16

kaorimax

ワタシも高校生の頃
  (うそっきーさんとタイムラグ有り・・・年齢差?)
ムツゴロウ王国で働きたかったです!
〜ヒトに慣れない馬の調教のテレビ見たとき
北海道の大草原を馬に乗って走りたい♪って思いましたよ
そしてムツゴロウさんのとこで必ずテレビに映っていた
ダルメシアンは、うちのダ(メ)ルシアンと違って
凄くお利口さんでした。
そうかダンナ様 ユタ州に行かれたのですね〜
  帰って来るまで寂しいですね
by kaorimax (2011-05-22 22:58) 

あきこ

こんばんは。
ムツゴロウさん、先日もテレビに出ていましたが、動物に対する優しさは変わりませんね。長生きしてほしい……。

旦那様、今日から出張ですか。ユタへ?
淋しいかと思いますが、ブルーくんと仲良く過ごしてください。

うちの旦那さんも来月出張です。わたしは実家に帰ります。

病院お疲れ様でした(^-^)
by あきこ (2011-05-23 00:07) 

ginbi

ブログずっと見てたんだけど、久々のカキコミ。

私も子供の頃、「ムツゴロウ王国」は憧れだったねぇ・・
1匹の生き物を育てることがどんなに大変か、既に知っている今でも
ああやって、沢山の生き物に囲まれての生活はやってみたいと思う。

なのに未だに畑氏の本は読んでないのよね。
ものすごく変わった人(変人)という噂はアチコチで聞くので興味はあります。
ただ今長編シリーズに取り組んでいるので、いつ読めるかわかんないんだけど
畑氏未経験者にオススメの一冊があったら教えて下さい。
by ginbi (2011-05-23 00:26) 

小萩

小学校低学年の時に教科書にムツゴロウさんの文章が載っていたんですよね。タイトル、今も覚えてるけど「ぼくのクロウ」というもので、自然の中で暮らすムツゴロウさん一家にカラスが住み着いて、という話だったような気がします。なんか、子供心にすごくインパクトを与えるムツゴロウさんの存在感ですよね。
by 小萩 (2011-05-23 13:33) 

yann

ワタシも高校生の頃
(うそっきーさんと kaorimax さんとさらにタイムラグ有り・・・年齢差?笑)
『ムツゴロウの博物誌』が懐かしいな。
(まだ動物王国が無かった頃のもの)
北海道へ行って、無人島に住み、
そして動物王国を作り・・・
憧れました^^
あの頃は、著作は全部読んでましたね。

でもTVはあんまり見なかったです。
TVが多くなって、本が少なくなったのがちょっと残念だったな。





by yann (2011-05-23 22:30) 

ぼうず

ムツゴロウさんと私は同郷なんですよ、高校の先輩です。
残念ながら大学は当然違いますが・・・(笑)
中学の頃の先生が同級生だったと言っていた事を思い出しました。
私とは全く接点はありませんが、ちょっと自慢でした。
ウィキペディアで調べてみて下さい。
小さな町ですので、地元では有名人です。
by ぼうず (2011-05-25 00:32) 

うそっきー

kaorimaxさま
北海道馬、私も憧れましたよ~♡
ムツゴロウさんが「いい子だね、お前はなんてきれいなんだ」
なんていいながら馬をめでるシーンではなぜだか鼻の奥がツーンとしました。

東京のムツゴロウ王国は経営不振で閉鎖したそうです。
広告塔となるムツゴロウさんだけしかお金儲けできる手段がないと
たくさんの動物を抱えて(人も)の経営は大変なのでしょうね。
by うそっきー (2011-05-25 21:03) 

うそっきー

あきこさま
私もそのテレビ偶然、見ていたんですよ~。
懐かしくて嬉しくて・・でも、あっという間にムツさんのコーナーが
終わってしまったのでがっかりでした。

長生きしてほしいです。少なくともムツさんほどのカリスマのある動物好きの人
を生み出し、その人がまた活躍するようになるまで。
動物を大事にする心を子供たちに伝える人が 今はいないんですーー。
by うそっきー (2011-05-25 21:06) 

うそっきー

ginbiさま
ムツゴロウさんの本は私もたぶん、初めて読んだんだよ。
初期のころの本と最近の本とでは、書き方を相当かえているらしいので
(本人談)読み比べてみようと思います。
「変なおじさん」だと思っていたムツゴロウさん、本を読むと印象が変わります。
by うそっきー (2011-05-25 21:10) 

うそっきー

小萩さま
そうですかー、教科書に載っていたんですねぇ。
ムツゴロウさんのようなカリスマ動物好き、が世の中にもっと出て、
「動物をよく知ろう!命を大切にしよう」ということを自然に子供たちに伝えて
くれたらいいのに・・と思います。
今は さかなクン、くらいじゃないですか~。
by うそっきー (2011-05-25 21:12) 

うそっきー

yannさま
わぁ~~い、yannさんも憧れた口ですね。 私は子供だったのでひたすら
テレビを楽しみにしていましたよ。

あの探究心、行動力。本物のドリトル先生だと私は思っていました!
by うそっきー (2011-05-25 21:15) 

うそっきー

ぼうずさま
お久しぶりです♪
そうだ!同郷だ!と思ったら、なんと高校が一緒とは!
しかし、大学は、ね。東大ですもの~~。
でもぼうずさんの大学だって素晴らしいですが!
by うそっきー (2011-05-25 21:17) 

youzi

むつごうろうさんの番組、以前よくやっていましたね。
私も見ていました。本当に変わった人だなって思っていたんです。
クマにかみつかれたら、頭を奥に押し込むといいとか言っていて
そんな事態に遭遇したら、絶対にできないよって思った事を
思い出します。
by youzi (2011-05-25 22:19) 

yann

機会があればこの辺りを読んでみてください^^
お勧めでえす

われら動物みな兄弟 愛と生命の科学 共同企画出版部, 1967 のち角川文庫
生きる  アメーバから人まで 筑摩書房 ちくま少年図書館 1970 のち文庫
ムツゴロウの博物志 正・続・続々 毎日新聞社, 1970 のち文春文庫
もの言わぬスターたち 記録映画と動物と 経済往来社, 1970 のち中公文庫
天然記念物の動物たち 月刊ペン社, 1969 のち角川文庫
梟の森 角川書店、1978 のち文庫
馬の岬 角川書店、1979 のち文庫
北の鷲 角川書店、1980 のち文庫
北限の猿 角川書店、1981 のち文庫
オロロンの島 角川書店、1982 のち文庫
雷鳥の山 角川書店、1984 のち文庫
オオサンショウウオの川 角川書店、1986 のち文庫
人魚の国 角川書店、1986 のち文庫
海亀の浜 角川文庫、1993

by yann (2011-05-26 13:50) 

うそっきー

yannさま
ありがとうございます♪
次々読んでみますね☆
by うそっきー (2011-05-29 10:31) 

Buy cialis

沒有醫生的處方
cialis official site http://cialisvipsale.com/ Online cialis
by Buy cialis (2018-04-14 13:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

http://www.tokyo2016.or.jp/jp/report-blog/2008/12/post_7.html

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。